産廃許可を取得したい方へ

確実に許可を取得し、安心して産廃業を行いたい方は、経験豊富・スピード申請の当事務所にご相談下さい。

産廃収集運搬業許可は、依頼する行政書士によって取得のスピードが大きく異なります。

当事務所では、講習日程の確認、申請窓口の予約、必要書類の準備、申請書類の作成をお客様ごとに最速でスケジュール管理するので最短での許可取得が可能です。

東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨の産業廃棄物収集運搬業許可は、専門家である当事務所にお任せ下さい。

メールはこちら▼

収集運搬業許可の料金

東京都の新規申請  80,000円

他の県の新規申請  98,000円

同時申請2件目~  70,000円

各都道府県で申請時に必要な証紙代は81,000円で統一されています。

ネットを探すとさらに低価格な行政書士事務所もあるようですが、書類収集の代行、申請後の審査担当者との連絡、更新期限のお知らせ等のフォローも含めるサービスとしては最安値の設定です。

東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨以外へ申請の場合、別途交通費も含め見積もりとさせていただきます。

当事務所の3つの特徴

①あんしん価格と返金制度

経験豊富、実績多数だから可能な業務の効率化、内部コストの管理により安心価格を実現しました。

ご依頼いただく際は、総額の見積書を提示し、料金をご確認いただいてからの契約となります。

複数の都道府県への申請を同時にご依頼いただく場合は、同時申請パック料金も用意しています。

また、当事務所のミスにより不許可とされた場合は100%返金としていますが、これまで1度も不許可とされたことはないのでご安心下さい。

②産廃収集運搬業許可に特化

当事務所は産廃収集運搬業許可の申請に特化しているため、豊富な経験、実績に基づいたノウハウがあります。

各行政庁への許可申請時における窓口審査についてもしっかり対応し、確実に許可を取得します。

2018年は、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、栃木、宮城、福島への申請を行っています。

また、特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可申請にも対応可能です。

③スピード申請

産業廃棄物収集運搬業許可の申請に特化しているからこそできるスピード申請を実現します。

慣れていない事務所だと、講習会を修了し、必要書類の収集や申請書類が完成してから申請窓口の予約をするため、許可を取得するのが遅くなってしまいます。

当事務所では、講習会の日程確認、申請窓口の予約を一番に済ませ、そこから逆算して書類を完成させるので、申請まで無駄なく、ストレートに進めることができます。

新規申請の流れ

お問い合わせ・無料相談

お電話またはメールにてお問合せ下さい。

産廃許可のホームページを見たとお伝えいただけるとスムーズです。

打合せ・ご案内

産廃許可申請についてお会いして打合せをします。

■直近3期分の決算書コピー

■会社の定款コピー

■運搬車両の車検証コピー

■講習会修了証コピー(受講済の場合)

をご用意いただけるとスムーズです。

要件の診断、許可までのスケジュール、料金につきご案内します。

書類収集・申請書作成

お忙しいお客様に代わり、

■履歴事項全部証明書

■納税証明書

■登記されてないことの証明書

などの申請に必要な証明書類等を各役所で代行取得し、申請書類一式を作成します。

許可申請書類に押印

収集した書類と、打合せ内容をもとに行政書士が作成した産廃許可申請書一式に押印をいただきます。

押印については、郵送、PDFメール、面談などお客様のご都合に合わせて対応します。

行政庁窓口へ代理申請

あらかじめ予約しておいた申請先の行政庁窓口へ行政書士が申請します。

窓口担当者とのやり取り、申請後の審査担当者からの連絡への対応等もすべて行政書士にお任せ下さい。

産廃営業許可証の受領

都道府県ごとに処理期間は異なりますが、申請から2か月ほどで許可通知書がお客様のもとへ郵送で届きます。

事務所紹介

当事務所は、東京都多摩地区を拠点とした、産業廃棄物収集運搬業許可申請の専門事務所です。

産廃業者様にとってとても重要な営業許可を確実に、また1日でも早く取得することを常に考えています。

産業廃棄物収集運搬業許可には細かな要件があり、また大量の証明書類、申請書類、事業計画等が必要とされています。

当事務所は行政書士2名体制なので申請までのスピード、そして各種確認の精度にも自信があります。また、大きな行政書士法人等とは異なり、アルバイトの担当者が途中で変わったりすることがないのも強みです。

そして、現在32歳と業界でかなり若い行政書士が運営しており、若さを活かしたフットワークを強みとし、末永くアフターフォローをお任せいただけます。

産業廃棄物収集運搬業許可の申請は、依頼する行政書士によってスピード、対応、アフターフォロー、場合によっては許可の要否が異なります。

安心価格・スピード対応を徹底してお客様目線のサービスを心掛けている当事務所をぜひご利用下さい。

講習会について

産業廃棄物収集運搬業許可を受けるすべての事業者は、会社の役員(監査役を除く)または令第6条の使用人、個人事業の場合は事業主が、産業廃棄物処理業講習会(収集運搬課程)の受講を修了している必要があります。

当事務所では、講習会受講の手引きを無料でプレゼントしておりますので、スムーズに受講を済ませることができます。

講習会について詳しく

収集運搬業許可はどこまで必要なのか

産業廃棄物収集運搬業の許可は、産業廃棄物を車両に積み込む現場の都道府県と、運搬先の処理場がある都道府県で必要となります。

例えば、東京都内の解体工事現場で排出された産業廃棄物を、神奈川県の産業廃棄物処理場まで運搬する場合、東京都と神奈川県の許可が必要となります。

あくまで、排出場所(積み込み場所)と処理場(積み下ろし場所)の都道府県の許可を受けていればOKで、運搬中に通り過ぎるだけの都府県の許可は不要です。

産業廃棄物収集運搬業の許可は、申請してから許可がおりるまでに2か月以上かかるので、将来積み込み、積み下ろしの予定がある都道府県の許可についても、同時申請パック料金でお早めに取得しておくことをおすすめします。

お問い合わせ

相談は無料です

042 843 4211

メールを送る

HOMEに戻る

お電話はこちら

Copyright© 産廃業許可申請をスピード代行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.