建設業許可が必要な業者とは

建設業法では、建設業の営業を許可制にしていますが、次の一定範囲内の工事については許可がなくても請け負えることになっています。

 

建設業許可が不要な軽微な工事

①工事1件の請負金額が消費税込みで500万円未満のもの

②建築一式工事であり、工事1件の請負金額が1,500万円未満のもの

③建築一式工事であり、延べ床面積150㎡未満の木造住宅の工事

 

上記軽微な工事のほか、次のような工事も建設業許可なしで施工可能です。

A.自らが使用する建物等を自ら施工する場合

B.不動産業者が建売住宅を自ら建築する場合

C.船舶・車両など土地に定着しないものの工事

 

建設業許可取得のよくある動機

☐500万円以上の工事

☐会社の信用度の向上

☐融資の条件とされている

☐元請業者からの指示

☐元請として公共工事に参加

 

上記のような理由をよくお聞きします。

 

建設業許可を取得するには1か月以上かかりますので、大きな工事を請け負えるチャンスを逃さないようにあらかじめ建設業許可を取得しておきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

建設業許可に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

【事務所情報】

ストレート行政書士事務所

TEL:042-843-4211

〒191-0053
東京都日野市豊田3-40-3-1F

ロゴをクリックするとHPに移動します。

 

行政書士 日野 立川 八王子

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせは下記フォームよりお願いします。

コメントを残す