建設業許可の区分

建設業許可には次の4種類があります。

①知事許可・一般建設業

②知事許可・特定建設業

③大臣許可・一般建設業

④大臣許可・特定建設業

 

【知事許可】

1つの都道府県内にだけ営業所がある業者

 

【大臣許可】

2つ以上の都道府県にそれぞれ営業所がある業者

 

【一般建設業許可】

元請工事1件の下請発注金額の合計が4,000万円まで。

※建築一式工事の場合は6,000万円まで。

 

【特定建設業許可】

下請発注金額の制限なし

 

という区分がされています。

特定建設業許可を取得するには財産要件や技術者資格要件などが一般建設業許可よりも厳しくなります。

施工する工事によって必要な許可を適切に取得しておきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

建設業許可に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

【事務所情報】

ストレート行政書士事務所

TEL:042-843-4211

〒191-0053
東京都日野市豊田3-40-3-1F

ロゴをクリックするとHPに移動します。

 

行政書士 日野 立川 八王子

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせは下記フォームよりお願いします。

コメントを残す