建設業許可の業種

建設業許可は、工事の専門性などから29業種に分類され、営業しようとする業種ごとに許可の取得が必要です。

たとえば、土木工事業の建設業許可だけを持っている会社が500万円以上の内装工事を請負うのは無許可営業となり、監督処分の対象となるので注意が必要です。

 

【建設業許可の業種】

①土木一式工事

②建築一式工事

③大工工事

④左官工事

⑤とび土工コンクリート工事

⑥石工事

⑦屋根工事

⑧電気工事

⑨管工事

⑩タイル・れんが・ブロック工事

⑪鋼構造物工事

⑫鉄筋工事

⑬舗装工事

⑭しゅんせつ工事

⑮板金工事

⑯ガラス工事

⑰塗装工事

⑱防水工事

⑲内装仕上工事

⑳機械器具設置工事

㉑熱絶縁工事

㉒電気通信工事

㉓造園工事

㉔さく井工事

㉕建具工事

㉖水道施設工事

㉗消防施設工事

㉘清掃施設工事

㉙解体工事

 

【よくある誤解】

土木一式を取得すればあらゆる土木関連工事、建築一式を取得すればあらゆる建築関連工事を施工できるという誤解が非常に多いです。

各一式工事については、「総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物・建築物を建設させる工事であり、複数の下請業者によって施工される大規模かつ複雑な工事」と明記されています。

ですので、建築一式の許可しかもっていない会社は500万円以上の内装工事を請け負うことができません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

建設業許可に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

【事務所情報】

ストレート行政書士事務所

TEL:042-843-4211

〒191-0053
東京都日野市豊田3-40-3-1F

ロゴをクリックするとHPに移動します。

 

行政書士 日野 立川 八王子

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせは下記フォームよりお願いします。

コメントを残す