経営業務の管理責任者

建設業許可の要件である経営業務の管理責任者は、一般に経管(ケイカン)と呼ばれています。

経管は法人の取締役、個人事業主などの地位にあって「建設業の経営経験がある人」がなることができます。

必要な経営経験の年数は、

①申請業種について5年

②申請業種以外について6年

のいずれかです。

大工工事業の建設業許可を取得したい場合で例えると、

①大工工事を請負い、施工する会社の取締役を5年以上

②管工事を請負い、施工する会社の取締役を6年以上

いずれでも大工工事業の経管になることができます。

そしてその経営経験があることを書類で証明する必要があります。

証明方法はケースに応じて変わりますので、今後の記事で細かく書いていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

建設業許可に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

【事務所情報】

ストレート行政書士事務所

TEL:042-843-4211

〒191-0053
東京都日野市豊田3-40-3-1F

ロゴをクリックするとHPに移動します。

 

行政書士 日野 立川 八王子

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせは下記フォームよりお願いします。

コメントを残す