経管の常勤性

経管の常勤性

建設業許可を受けるには『経営経験者』が営業所に常勤している必要があります。

 

経営経験の証明方法についてはコチラ

 

常勤とは、休日その他勤務を要しない日を除いて、常に営業所にいることをいい、その常勤性については下記の書類を提出することで証明します。

 

①住民票

住所から営業所まで通勤可能な範囲内かを証明。

単身赴任等で現住所が住民票と異なる場合は、

●賃貸借契約書コピー

●公共料金の領収証コピー

等で営業所付近に住んでいることを証明します。

 

②健康保険被保険者証の写し

許可を受けようとする会社の名称が記載されていることが必要です。

国民健康保険など、会社の名称が記載されていない場合は別途、以下書類のいずれかが必要です。

A健康保険厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書

B住民税特別徴収税額通知書

C確定申告書

Dその他常勤が確認できるもの

 

経営業務の管理責任者の常勤は建設業許可継続の絶対的な要件です。

役員を辞任する前に必ず次の経管候補者が取締役として登記されているかを確認しましょう。

5年に一度の更新申請の際にも経管の常勤性の証明が必要となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

建設業許可に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

【事務所情報】

ストレート行政書士事務所

TEL:042-843-4211

〒191-0053
東京都日野市豊田3-40-3-1F

ロゴをクリックするとHPに移動します。

 

行政書士 日野 立川 八王子

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせは下記フォームよりお願いします。

コメントを残す