決算変更届の実務

決算変更届の重要性

決算変更届とは『決算終了に伴う変更届出書』のことで、建設業許可を受けたすべての建設業者は、決算終了後4か月以内に決算内容と決算期内の工事経歴を許可行政庁に届け出なければなりません。

5年に一度の建設業許可の更新についても、許可取得後すべての期においてこの届出が完了していないと更新の受付はされません。

また、経審を受ける建設業者にとっては次のような理由から決算変更届はとても重要です。

➀決算変更届で提出した工事経歴書の内容や完成工事高が、そのまま経審の審査対象になる。

➁自己資本や利益額などの決算数値の審査は、決算変更届の財務諸表から算出されている。

➂経営状況分析申請では、決算変更届と同じ決算書で経営指標の分析をし、評点が算出される。

 

 

決算変更届の提出書類

■変更届出書

■工事経歴書

■直前3年の各事業年度における工事施工金額

■貸借対照表

■損益計算書

■完成工事原価報告書

■株主資本等変動計算書

■注記表

■附属明細表(資本金1憶以上または負債総額200憶以上の株式会社のみ)

■事業報告書(株式会社のみ)

■納税証明書(知事許可:法人事業税・大臣許可:法人税)

以下は変更があった場合のみ提出

■使用人数

■建設業法施行令第3条使用人の一覧表

■国家資格者・監理技術者一覧表

■定款

■健康保険の加入状況

 

嘘に注意して下さい

知り合いの建設業者や○○組合等に『決算変更届なんか許可更新のときにまとめて5期分提出すれば大丈夫だよ』と言われたことがある人もいるかもしれません。

これは信じないで下さい。

更新申請の際に過去の決算変更届をまとめて提出しても現状許可は更新されます。

しかし、これは建設業者が建設業法に反していることに変わりはありません。

建設業法11条に、決算日から4か月以内の提出が必要と明記されています。

建設業法違反は許可取り消しの対象です。

期限を守って毎年届出を行いましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

建設業許可に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

【事務所情報】

ストレート行政書士事務所

TEL:042-843-4211

〒191-0053
東京都日野市豊田3-40-3-1F

ロゴをクリックするとHPに移動します。

 

行政書士 日野 立川 八王子

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせは下記フォームよりお願いします。

コメントを残す