産業廃棄物の処理委託

更新日:

産業廃棄物を他人に委託して処理を行うことを「処理の委託」といいます。

一般廃棄物、産業廃棄物それぞれについて、委託の際に遵守すべき基準が法令で定められています。

この法令の定めを「委託基準」と呼びます。

産業廃棄物の処理の委託基準

産業廃棄物の委託基準は次の6つです。

産業廃棄物処理業の許可を持つ業者に委託すること

許可の範囲内で委託すること

処理の状況を確認すること

処理委託契約書を作成、締結すること

契約書は契約終了の日から5年間保存すること

特別管理産業廃棄物を委託する場合は、あらかじめ種類、数量、性状その他必要事項を委託先業者に文書で通知すること

①②については、委託する産廃処理業者の許可証コピーを入手し、委託しようとしている廃棄物を処理できるかどうか許可の内容をチェックしましょう。

④の処理委託契約書には、産廃業許可証または認定証等のコピーを添付するほか、その他の法定要件を満たす必要があります。

⑤については、 契約開始時からではなく契約終了時からなので間違えないようにしましょう。

まとめ

産業廃棄物の排出事業者が、産廃処理業者に処理を委託するとたくさんの責任が排出事業者に課されます。

委託先の不祥事によって責任を負わされないように、産廃業許可などの確認、書面の整備を怠らないようにしましょう。

事務所の紹介

当事務所は、八王子市・立川市・日野市を拠点とした、産業廃棄物収集運搬業許可申請に強い行政書士事務所です。

産廃業者様にとってとても重要な営業許可を確実に、また1日でも早く取得することを常に考えています。

産業廃棄物収集運搬業許可には細かな要件があり、また大量の証明書類、申請書類、事業計画等が必要とされています。

当事務所は行政書士2名体制なので申請までのスピード、そして各種確認の精度にも自信があります。また、大きな行政書士法人等とは異なり、アルバイトの担当者が途中で変わったりすることがないのも強みです。

若さを活かしたフットワークを強みとし、末永くアフターフォローをお任せいただけます。

産業廃棄物収集運搬業許可の申請は、依頼する行政書士によってスピード、対応、アフターフォロー、場合によっては許可の要否が異なります。

東京、神奈川、埼玉、千葉、山梨の産業廃棄物収集運搬業許可については、安心価格・スピード対応を徹底してお客様目線のサービスを心掛けている当事務所をぜひご利用下さい。

お問い合わせ

相談は無料です

042 843 4211

メールを送る

HOMEに戻る

お電話はこちら

Copyright© 産廃業許可申請をスピード代行 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.